ホーム >都本部第44回中央委員会当面の闘争方針含む6議案を承認自治労組織内候補「岸 まきこ」さん必勝にむけ始動

都本部の取り組み 2017年
 
 
 
 
 
 
 
 
都本部第44回中央委員会
当面の闘争方針含む6議案を承認
自治労組織内候補「岸 まきこ」さん必勝にむけ始動 

第25回参議院議員選挙(2019年)
での擁立が決まった
自治労組織内候補 岸 まきこさん

 座光寺中央執行委員長は挨拶で、急浮上した衆議院解散総選挙などの国会情勢にふれ、「自治労本部、連合東京と連携しながら重点候補の推薦など早急に確立していく。総選挙後は、高度プロフェッショナル制度、裁量労働制の拡大、憲法改悪にむけた動きなどが争点となる。都本部としても動きに注視し反対の姿勢で取り組んでいく。また、秋の賃金確定闘争および現業統一闘争では、不当勧告を許さず、組合員が納得できる到達点をめざし、各交渉組織と連携を密にして闘い抜く」と決意を述べた。さらに、8月の自治労第90回定期大会において2019年の第25回参議院議員選挙への自治労組織内候補としての擁立が決まった「岸 まきこ」さんの必勝にむけ、各単組からの支援を求めた。
 議案審議では、6つの議案を提案。3単組から補強意見を受けた。執行部答弁ののち、採決の結果、6つすべての議案が圧倒的多数で可決・承認された。

 
▲座光寺執行委員長の団結ガンバローで閉会



 
Copyright (C) 2007 Jichiro Tokyo All Rights Reserved.